アイレ写真展 .....いつか見た空  (あかね雲)





a0051544_0263317.jpg



この作品を先生から選んでもらったとき

ちょっと驚きました。



この一年で一番印象に残った一枚だったから・・・

















毎週のように 義母のいる徳島県西に世話に通っていた2011年

「すぐ来てもらえる?」

電話の声に いつもドキドキしてたあの頃

帰り道は ホッとして

時々は 吉野川に写る夕陽を撮りながら帰った








そして2012年1月 義母の骨折と病気で 

今度は徳島に移り病院に通った毎日

↑の列車の写真はその帰り道の夕陽だったから。









義母とふたりで過ごす時間のなかに

写真がある そんな数年だった。
 







あれから一年少し過ぎ 

その後 環境も変わり  

リハビリも進んで

ずいぶん元気になった義母

「いまどきの服を着たい」とか

「編み物をしたい」とか

たわいもない話で 笑い合うようになった。

「元気になったからそう頻繁に来なくていいよ。」

そんな言葉を言ってくれた。










私自身

自分で前に向かっちゃいけないような気がしてたとおもう











今年は

もう少し カメラを持って外に出かけてみよう 
by bea_bear | 2013-06-05 07:30 | 作品展


<< ありがとうございました。 aire写真展/     らら... >>